家族をがんで失って得たもの

PR|東京の最高レベルのメイク学校神戸市の遺品整理のスペシャリスト大阪市のAGAクリニックで本気で治療する宇都宮市の駅から近いAGAクリニック頭が良くなるサプリはドクターデキスギがおすすめフォトフェイシャルできるクリニック

2年前のクリスマス間近、実家に父と同居している妹の旦那から電話がありました。父が医師からがんで余命半年と宣告されたこと、幼児を抱えた妹一人では看病できないので実家に来てくれるよう言われました。その時、我が家は大学受験を控えた長男、部活で忙しい次男がいました。家事をほとんどしたことのない主人に家のことを頼んで、自宅から3時間近くかかる実家に帰省することになりました。


実家で会った父は、健康にとても気を使っていた頃とは別人のように白髪が増え、すっかり疲れきっているようでした。
その日から、体調の悪い父と共に通院の日々が始まりました。大学病院では朝1番で行ってもいつも終わるのは午後です。その頃は、骨転移の為か痛みが強く痛み止めが離せない様子でしたが、待合室でただひたすら待つ毎日です。やっと夕方家に戻りほっとしたのもつかの間、夜は30分経たないうちにトイレの介助で付き添いました。本人が一番辛いのはもちろんですが、付き添う家族も覚悟がいるのだということを始めて知りました。

頭ははっきりしているので、いつも父はありがとう、悪いね、と感謝の言葉を言ってくれたのが救いでした。
病院では検査、検査の日々。細胞に針を刺したりかなり辛い検査です。余命宣告され、治療は難しいと言われたのになんでこんなに辛い思いをさせなければならないのか、そばで見ていて納得のいかないことばかりでした。結局、検査の結果、小細胞肺癌という非常にスピードの早い病に侵され、実家に看病に行ってから1月足らずで父は逝ってしまいました。

がんになったのは本当に不幸でしたが、余命を伝えられ、一緒にいることの大切さが身に沁みました。
又、留守の間主人や子供たちが父や私のことを心配してくれ、自宅に戻った時、家族の有難さを心から感じました。
がんになると、治療費がかかります。幸い父はアフラックに入っていたので、費用はなんとかなりました。
今回のことで、学ぶことが多くありました。健康の有難さ、必要なお金の準備。辛い経験でしたが、これからの自分の人生の教訓として心に刻んで歩んでいこうと思います。

PR|AGAでお悩み解決お家の見直ししま専科女性向けエステ.comゴミ屋敷解消Q&Aマッサージのリアル口コミ.com工務店向け集客ノウハウ新築一戸建てを建てる時に読むサイト住宅リフォーム総合情報カウンセリングのお悩み解決サイトダイエットチャレンジ100日